サーブルドール騎士団日本支部

La Confrerie du Sabre d'Or

お知らせ

会員クローズ 東京シャピットル

2016/09/07

親愛なる騎士団会員の皆様

いよいよ梅雨が明け、夏本番この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
一足早く秋のシャピットルのご案内です。
今回は会員限定50名の優雅なクロ—ズド・パ—ティを開催します。
さて、今年は「タキシ—ド誕生130周年」
これを記念してドレスコ—ドを「タキシ—ド」と致します
ちなみに、世界最初のタキシ—ドジャケットは赤だったとか。
ブラックフォ—マルにとらわれず、紳士淑女の皆様ともども自由奔放な発想で、楽しく、華やかな装いでお越しください。

              サ—ブルド—ル騎士団日本支部大使
              ピエ—ル・ボ—ドリ...

【概要】

日時: 2016年10月14日(金)
       19 : 00 受付開始 アペリティフ
       19 : 30 儀式
   20 ; 00 ディナ—
   23 : 00 閉会

会場: エメ・ヴィベ—ル
      東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエア プラザ棟
  TEL : 03-5468-8080

会費: 会員 45,000円
    ご同伴者様 50,000円

<ドレスコ—ド>
タキシ—ド

<テ—マ>
130eme Annniversaire du Tuxedo!
タキシ—ド誕生130周年!


世界で最初のタキシ—ドはなんと赤、その後は色とりどりだった時代もあったとか。ぜひ伊達な装いで洒落者ぶりを競い合ってください。

<タキシ—ドお仕立てのご案内>
この機会に特別なタキシ—ドを作りませんか?
フォ—マルウェアの老舗「カインドウェア」が「タキシ—ド誕生130周年特別モデル HUNTMANN」を優待価格にてお仕立てを承ります。
ヴィンテ—ジ・ファブリックを中心に、英国製から国内の高級毛織り物メ—カ—まで生地を豊富に取り揃えています。リゾ—ト感溢れる麻のタキシ—ド、遊び心のあるデニムのタキシ—ドなど、フォ—マルシ—ンだけでなく日常の遊び心溢れる装いとしてのタキシ—ドもご提案させて頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

*ご興味のある方はメッセ—ジにてご連絡ください。PDFにて資料をお送りします。

<HUNTMANN(ハンツマン)について>
1859年創業のハンツマンは、世界中にその名を轟かせるロンドンのテ—ラ—街サヴィル・ロウ(「背広」の語源)という特別な場所で王室や世界の著名人を顧客に持ち、特権的な地位を確立してきた老舗テ—ラ—。日本では創業122年の老舗カインドウェアがハンツマンと提携し、その技術を受け継ぎながら日本人のための「ハンツマン」を作り続けています。

<紳士淑女の教養豆知識:タキシ—ドの歴史>
 タキシ—ドを語るには、まずスモ—キングの起源から 。
1870年代の初め、ヨ—ロッパ社交界では燕尾服の裾をカットし、ショ—ルカラ—に拝絹を施したスタイルのジャケットが流行しました。本来は英国の紳士が部屋の中で煙草を吸うための部屋着でしたが、高級賭博場において上流階級の人々が着るようになり、やがて「スモ—キング」の名で一斉を風靡
。当時の英国皇太子・エドワ—ド7世がリゾ—ト地でこのスモ—キングを好んで着るようになって以来、夜会の礼服として公認されるようになりました。
 「タキシ—ド」という名は、今から遡ること130年前の1886年10月10日、アメリカ・ニュ—ヨ—ク州のオレンジ・カウンティにある「タキシ—ド・パ—ク」で、アメリカのタバコ王であるピエ—ル・ロリラ—ド4世が主催する上流階級の社交会「タキシ—ド・クラブ」の第一回目が開催された事に由来します。
ちなみにこの時、息子のグリズウォ—ルド・ロリラ—ド氏は真紅のジャケットに側章付きの黒いパンツという斬新なスタイルで現れて人々を驚かせ、タキシ—ドの名がスモ—キングの代わりに定着します。以来ニュ—ヨ—クを中心に色とりどりのタキシ—ドが流行するきっかけにもなりました。

Copyright(C)2015 CONFRERIE DU SABRE D'OR JAPON All Rights reserved.